『京都寺町三条のホームズ8 見習い鑑定士の奮闘』

望月麻衣先生のホームズシリーズ第8弾です! 9月18日に樟葉モールの水島書房にて発売記念サイン会が開かれました。 もう何度も足を運んでる望月さんのサイン会。先生はいつも通り覚えててくれましたw そんなこんなで購入した8巻読みました。 8巻ではホーム…

『夢が覚めるまで』

loundrawさんの個展が渋谷であり、たまたま東京にいたので寄ってきました! とっても良かったです! そこでしか買えない小説で三秋さんの書下ろし小説がありました。 これが『夢が覚めるまで』でした。 loundrawさんの作った自主製作アニメの予告編に三秋さ…

『ティファニーで朝食を』

新潮のプレミアムカバーが水色一色で銀の文字でタイトルと作者、訳者名が書かれているだけでめちゃくちゃかっこよかったので買いました。 お洒落なタイトルの海外小説はこういうシンプルなカバーが良いよね。 日本の作品は角川のかまわぬ柄が似合うけどね。 …

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』

羽田さんが大学に来て講演をしてくれた時におすすめしていたのがこの若林さんのエッセイ。 買うつもりでいましたけど、結局買わずに大垣書店で立ち読み(座って)しました。 エッセイだったから読みやすく、テレビでは見ない若林さんの本当の気持ちが分かる…

最近のはなし

最近はテストが終わりようやく夏休みに入りましたがずっとラインが続いていたあゆみさんとラインが途絶えてしまいショックになり、学会発表を甘く見すぎていて論文なんて書けずどうしようと思っている事、糞忙しい糞みたいなバイトがあったりして大変です。…

『失はれる物語』

昨日、乙一さんの『失はれる物語』読み終わりました。 乙一は短編が凄いという話を友人から聞いていたので読みたかったのですが、今回カドフェスでげみさんのオリジナル新カバーで登場。さらには三秋さんという私の好きな作家さんがお勧めしていたから買って…

『また、同じ夢をみていた』

『君の膵臓を食べたい』の作者、住野よるさんの第二作。 語りが主人公で、ライ麦畑感を若干感じました。 南さんらへんでだいたいやりたいことは分かりましたが普通に楽しめました。 ああいう、ちっさい女の子が頑張っていく感じのお話好きですよ。 幸せとは…

『恋文の技術』

一週間前には読み終わっていたのですが、ブログに書くのが億劫だったり、レポートが忙しかったりで書けてませんでした。 森見さんの本!もりみー好きと公言している割には全然読めてないんですよね。 この本は結構前から気になっていた本です。まず、タイト…

『君の膵臓を食べたい』

買ったのは1年前くらいですが読み終わったのは7月20日くらいw ぜんぜん読まなかった1冊w いくみさんに貸してほしいと言われて読んでも無いのに良かったと言って貸してぜんぜん具体的な事を話せなかったので読みました。 マクドで読み終わったんですが、泣…

Suchmos F.C.L.S LIVE OSAKA

昨日、大阪城音楽講堂で行われたSuchmosのliveに行ってきました!!! 天気が怪しくて物販に並んでる時から不安だったんだけど、物販買い終わってから雨が降り出して雷も降り出して散々な状況になっていってとうとう中止なるん!?って思いが頭をよぎったんだけ…

『細雪 下 』 

長くつづいていた『細雪』もとうとう下巻まで来ました。 ゼミの記事を書かなくてはいけないので普段の僕にしては超特急で読み終わりました。 読んでる途中、ブックカバーを外してあらすじをちらっと見ましたらなんと!衝撃のネタバレが! またしても『細雪』…

ゼミ合宿

7月1,2とゼミ合宿がありました。 まぁ去年と同じように過ぎていくのかと思っていましたが 今回はテレビに出るという話題もあって中島さんと田中さんが声をかけてくれました。 田中さんはほぼ初会話と言っていいほどで話せて良かったと思っています。 花火や…

6月30日の出来事

6月30日金曜日はいろんなことがありました。 学校が終わってから、艦これクラシックスタイルオーケストラを聴きにフェスティバルホールまで行ってきました。はじめは物販もさほど並ばないだろうとなめていましたが意外と並ぶ様なことをTwitterで確認しすぐに…

『細雪 中』

『細雪 中』読み終わりました! 『細雪』自体が雪ちゃんの結婚きまるかって話だったからだらだらとまた見合いの話が続くのかなと思っていたのだけれど、今回はさすがにそんな事は無くこいさんが主人公ポジションでしたね。 こいさんもいろいろと大変だ。 今…

『東大助手物語』

近藤先生に進められたこの本。読み終わりました。 以前、近藤先生に大学院に進みたいとの話をしたので先生が覚えていてくれていてこの本を進めてくれたんだと思っています。 本自体は小説というよりエッセイのようなものだったのでスラスラと簡単に読み終わ…

昨日の出来事

昨日は、午前中は博物館見学のため宇治平等院に見学に行きました。 せっかく宇治に行くので早めに出て宇治上神社と宇治神社に参拝。 宇治上神社で金字で濃い緑の御朱印をいただきました。 その後、平等院鳳凰堂、鳳翔館で見学しました。 御朱印帳を持って行…

『成功者K』

羽田圭介さんの『成功者K』読み終わりました! 3月に梅田の紀伊国屋書店であったサイン会で買って1/3くらい読んでいましたが他の本を読んだりして途中で読むのをやめてしまった本です。 で、なんで今読み終わったのかというと。僕の通っている大学の図書館…

軽音部の春の発表会

昨日、軽音部の発表会に顔を出しました。 同じ学科のともろーとあゆみさんが軽音部なので観に行きました。 入るなり、他の軽音部の人から1回生に間違われたり、 みんなザ 軽音部って恰好してて場違いな感じが凄かったですw ともろーは2回出てました。電動ド…

『細雪 上 』

谷崎潤一郎の『細雪』の上巻を読み終わりました! 青空文庫で済ませてしまおうと思っていたのですが、角川版の表紙がとっても可愛らしいものだったので文庫で購入しました。 四姉妹が中心に物語が進んで行くのですが、三女の雪子の婚活を中心に物語が進んで…

『リバース』

湊かなえさんの『リバース』読み終わりました! 3月26日に湊かなえさんのサイン会に行った際に購入した本です。 あれから約2か月経ちましたが、最近読み始めて昨日、読み終わりました。 ラストで「リバース」(逆転)しました。 これが、湊かなえか!!!!…

『わが家は祇園の拝み屋さん5 桜月夜と梅花の夢』

望月先生の『拝み屋さん』シリーズの第五巻読み終わりました! 前回の衝撃のラストから物語がまた春になりいつものような戻ってきたというような印象でしたね。 ですが、次巻では何か動き出しそうに匂わせて終わりましたね。非常に気になりますね(笑) 前世…

NHKの取材

昨日はNHKの取材があり、4限が終わってすぐに連絡がありタクシーでバイト先である祇園小森に行きました。 祇園小森に入っていくシーン 接客シーン 商品を持っていくシーン 部屋に入って、出ていくシーン などなどカメラで撮られましたw その後、二階の東の…

『有頂天家族 二代目の帰朝』

一巻を読み終え、3日くらいで2巻であるこの『有頂天家族 二代目の帰朝』を読み終わりました!(電車でほとんど読んでいたけど、最後は早く読みたくて家で7章を読んだ 二代目が帰朝したことによって変化していく京都 矢一朗と玉蘭の恋 天満屋の出現 海星が矢…

『有頂天家族』

もりみー好きとか吹聴しているくせにあんまり森見作品を読んでいない僕ですがようやく『有頂天家族』を読み終わりました。 いやーオモチロかった! なぜ、僕は早くにこれを読んでいなかったんだろうか! 狸がいっぱい出てくるお話。あと人間。時々、天狗。 …

艦これ 春イベ2017

月曜日に艦これ 春イベ2017が終わりましたが… 今回、イベント完走できませんでした…… がんぐーと… イベ完走できなかったのは照月の頃以来ですね。 最近、艦これに対するモチベーションが下がってきてぜんぜんやる気じゃなかったんしょうがないですね。 夏イ…

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

SFの決定版と言われるディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』読み終わりました。 ようやくかーって感じですw 海外の小説は読み慣れていないせいか読むのにだいぶ時間がかかりました。 最初の方は面白くないなと思っていましたが読み進めていくに…

『ホルモー六景』

先日紹介した『鴨川ホルモー』が面白すぎてスピンオフ集の『ホルモー六景』をすぐ買って読みました。 タイトルの通り六つの景色が入った短編集でした。 第一景 鴨川(小)ホルモー 私が通っている京都産業大学の2人の女の子が主役のお話。 自分の通っている…

『鴨川ホルモー』

万城目学の『鴨川ホルモー』読み終わりました。8年前くらいの結構古い本ですね。 なぜ、今になって読み始めたかと言うと昨日、葵祭がありました。 僕は葵祭で斎王代を担ぐとというアルバイトに参加させていただきました。 『鴨川ホルモー』は葵祭が出てくる…

Suchmos 当選!

7月9日のSuchmosのliveに行くことが決まりました!!!!! やったー!!!!!!!!! めちゃめちゃ嬉しいです(笑) Suchmosは好きになった人が好きなバンドでした(笑) 好きな人の好きなバンドはどんなんだろう…と興味本位で聞き始め 次第にハマっていきまし…

堕ちた成績優秀者

この前、大学が学部での成績優秀者を発表しました。 僕は、去年この成績優秀者の10人の中に選ばれたので、今年も間違いなく選ばれるに違いないと思っていました。しかし、今年は残念ながら選ばれることはありませんでした。 これは私の傲慢な慢心、驕りが引…