読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『オモチャ箱』

坂口安吾の『オモチャ箱』読みました。アプリ青空文庫電子書籍版で読みました。

お金がいっぱいあるわけでは無いので、安吾みたいな昔の人の作品は青空文庫で読むことになりそうです。

 

電子書籍では、漫画は読んだことがありましたが、あまり本を読んだことは無いので新鮮な感じでした。

電子書籍は実物の本と比べて読みにくい感がありましたが、持ち運びが便利でどこでも読めるので非常に便利ですね。

 

『オモチャ箱』ですが、100ページ程度の短編で純文ですが読みやすかったです。

坂口安吾が作家の友人について語っていく。というスタンスで物語が進んで行きます。

 

最後の結末は読んでいく途中で気が付きましたが、面白かったです。